ウーバー自動運転車事故 スマホ視聴で発見遅れる 米運輸安全委「安全文化欠如が背景」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
Uberのロゴ=同社提供
Uberのロゴ=同社提供

 米運輸安全委員会(NTSB)は19日、米ウーバー・テクノロジーズ子会社の自動運転車が2018年3月に公道で起こした死亡事故を巡り、運転手の不注意を避ける対策を怠ったウーバー子会社の「安全文化の欠如が事故を誘発した」と指摘。公道での自動運転実験を行う事業者ごとに、米道路交通安全局(NHTSA)が安全確保策を定期的にチェックするよう提言した。

 死亡事故は、ウーバーの技術開発子会社ウーバー・アドバンスド・テクノロジーズ・グループの自動運転車が公道での実験中に、信号や横断歩道のない車道を横断していた歩行者と衝突し、歩行者が死亡した。

この記事は有料記事です。

残り470文字(全文736文字)

あわせて読みたい

ニュース特集