メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州FG、社員スマホのカメラ機能制限を実験 顧客情報漏えい防止へ

社員が持つスマートフォン(上)の画面に表示したQRコードを専用端末(下)にかざすと、カメラ機能が一時的に制限される=九州フィナンシャルグループ提供

 九州フィナンシャルグループ(FG)が顧客情報などの漏えいを防ぐため、社員のスマートフォンのカメラ機能を一時的に停止するアプリを使う実証実験を進めている。九州FGによると金融機関で初の取り組み。傘下の肥後銀行(熊本市)と鹿児島銀行(鹿児島市)を含めて来年度以降の本格導入を目指す。

 実験は熊本市の本部オフィスで社員5人が10月に始め、12月まで続く。社員のスマホに専用アプリを事前に入れておき、出社時はスマホ画面に表示…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文524文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  4. 老舗「大沼」破産、山形経済に打撃 代表「暖冬で冬物売れず背筋寒く」

  5. 新型肺炎 政府チャーター機、日本人帰国29日以降にずれこみ 中国と調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです