メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウクライナ疑惑 米高官、トランプ氏の政敵への捜査要求「不適切」「異常」

ウクライナ疑惑を巡る米下院の公聴会での証言前に宣誓するビンドマン陸軍中佐(右)とウィリアムズ氏=米ワシントンで2019年11月19日、AP

トランプ米大統領のウクライナ疑惑を巡り、下院情報特別委員会は19日、3日目の公開公聴会を開いた。ホワイトハウス現職幹部2人を含む4人が証言。幹部らは、トランプ氏が7月の電話協議でウクライナのゼレンスキー大統領にバイデン前副大統領の捜査を要求したことは「異常」で「不適切」と指摘し、「電話は『完璧』で問題はなかった」と主張するトランプ氏に反論した。

 証言を行ったのは、ホワイトハウスの国家安全保障会議(NSC)でウクライナを担当するビンドマン陸軍中佐▽国務省職員で現在はペンス副大統領の外交顧問を務めるウィリアムズ氏▽ボルカー前ウクライナ担当特別代表▽モリソン前NSC上級部長。

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文744文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  2. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

  3. 「緊急事態宣言解除」 諮問委が了承 西村担当相「実施する必要なくなった」

  4. 特集ワイド 乱世で「小池劇場」再び 風読みコロナ対応次々、好感度上昇

  5. 無言の抵抗の思いとは?医療従事者100人、ベルギー首相に背を向け「冷たい歓迎」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです