メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国政府「内政干渉に断固対抗する」 米上院、香港民主派支援法可決で

星条旗を掲げながら、ペンライトをつけて集会で「香港に自由を」と叫ぶ市民ら=香港・中環で2019年10月14日午後8時26分、福岡静哉撮影

 米上院が「香港人権・民主主義法案」を可決したことに対し、中国外務省の馬朝旭次官は20日、北京の米国大使館の担当者を呼び出し「法案は、公然と中国の内政に干渉するものだ」と強く抗議した。法案を成立させれば「強力な措置を講じて断固対抗する」と報復措置についても警告した。

 同省の耿爽(こうそう)副報道局長は20日の声明で、法案について「香港での激しい暴力や破壊、放火などの犯罪行為を『人権』と『民主』の追…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文500文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. こんな時どうするQ&A 次亜塩素酸を噴霧すると除菌できるの? 効果は確認されていません

  2. 黒川氏辞職受け、森法相が訓示 「人ごとと捉えず、立場の自覚を」

  3. コロナ専門家会議「議事録」作成せず 菅氏「発言者特定されない議事概要で十分」

  4. 西村担当相「ポスト安倍」に浮上 コロナ対応の「顔」に「しゃべりたがり」批判も

  5. 小中学校全面再開延期、屋内施設はすべて休館…北九州市で26人感染確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです