メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

独ワイツゼッカー元大統領の息子、講演中に刺殺 男を逮捕 動機不明

インタビューに応えるリヒャルト・フォン・ワイツゼッカー元ドイツ大統領=ベルリン市内の元大統領の事務所で2010年2月9日、小谷守彦撮影

[PR]

 ドイツの故リヒャルト・フォン・ワイツゼッカー元大統領の息子で医師のフリッツ・フォン・ワイツゼッカー氏(59)が19日夜、ベルリンで講演中に男にナイフで刺され、その場で死亡した。

 独メディアなどが伝えた。逮捕された男(57)は、観客席からワイツゼッカー氏を襲ったとみられる。動機は明らかにされていない。

 故ワイツゼッカー元大統領は第二次世界大戦終結から40周年の1985年5月8日、連邦議会で「過去に目を閉ざす者は、現在も見えなくなる」と演説し、国内外の大きな反響を呼んだ。【ベルリン念佛明奈】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS れいわ・山本太郎代表、足りないもの聞かれ”皮肉”「有権者を飲み食いさせる権力」

  2. 警部補が東京・町田のコンビニトイレに拳銃置き忘れ 客が警察に届ける

  3. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  4. 板橋区議に「なめてると海に沈められるよ」 恐喝未遂容疑で32歳女を逮捕

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです