メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

青森県困惑 800円の「県民手帳」、4倍でメルカリ出品 「こぎん刺し」模様などの限定版

「メリカリ」に出品された青森県民手帳の限定版=フリーマーケットアプリ「メルカリ」から

 青森県統計協会が毎年発行し、桜開花や紅葉の時期、「ひとこと方言」など県内の情報が満載の「県民手帳」。10月に2020年版の販売が開始されたが、県内の伝統工芸「こぎん刺し」と「菱刺し」の模様をあしらった限定版がフリーマーケットアプリ「メルカリ」で複数出品されている。販売価格の約4倍のものもあり、県統計分析課の担当者は「転売目的で購入されると発行の趣旨からずれてしまう。残念だ」と当惑している。【井川加菜美】

 県民手帳は、1958年から販売が始まり、20年版で62冊目となるロングセラー商品。20年版では、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産登録を目指す「北海道・北東北の縄文遺跡群」の紹介や防災関連特集に加え、これまで2色刷り4品種のみの掲載だった県産リンゴの紹介をフルカラーで26品種に増やすなど、バージョンアップを遂げている。

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文705文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  3. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  4. 日立製作所vsヤマハ 第6日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗野球

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです