メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

青森県困惑 800円の「県民手帳」、4倍でメルカリ出品 「こぎん刺し」模様などの限定版

「メリカリ」に出品された青森県民手帳の限定版=フリーマーケットアプリ「メルカリ」から

[PR]

 青森県統計協会が毎年発行し、桜開花や紅葉の時期、「ひとこと方言」など県内の情報が満載の「県民手帳」。10月に2020年版の販売が開始されたが、県内の伝統工芸「こぎん刺し」と「菱刺し」の模様をあしらった限定版がフリーマーケットアプリ「メルカリ」で複数出品されている。販売価格の約4倍のものもあり、県統計分析課の担当者は「転売目的で購入されると発行の趣旨からずれてしまう。残念だ」と当惑している。【井川加菜美】

 県民手帳は、1958年から販売が始まり、20年版で62冊目となるロングセラー商品。20年版では、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産登録を目指す「北海道・北東北の縄文遺跡群」の紹介や防災関連特集に加え、これまで2色刷り4品種のみの掲載だった県産リンゴの紹介をフルカラーで26品種に増やすなど、バージョンアップを遂げている。

 限定版の販売は昨年に続いて2年目で、今年は昨年も販売された津軽地方の「こぎん刺し」模様と、新たに制作された南部地方の「菱刺し」模様の計2種類が1000部ずつ制作された。定価は1部800円だが、メルカリでは、約4倍の3333円で販売されたり、2部セットで計6666円で出品されたりしている。

 同課によると、限定版はそれぞれの模様のプリントを手作業で手帳に貼り付けるため手間がかかり、1000部ずつの販売が限界だったという。県内では、予約段階ですでに売り切れた書店もあるなど、入手が難しい状態となっている。

 通常版と限定版の中身は変わらないといい、同課の担当者は「役立つ情報がたくさん掲載されている。値段を考慮して県内の書店でぜひ通常版を買ってほしい」と呼びかけている。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  3. 織田信成さんの要求 関大「妥当ではない」と判断 モラハラ訴訟で経緯公表

  4. 「脱皮」のダイオウグソクムシ死ぬ 世界初の前半部脱皮ならず 鳥羽水族館

  5. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです