台湾限定の吟醸酒を開発 フルーティーな味に 奈良・喜多酒造など

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
台湾限定の日本酒を手にする喜多社長(左)と吉田社長=奈良県橿原市御坊町の喜多酒造で2019年11月19日午後0時29分、藤原弘撮影
台湾限定の日本酒を手にする喜多社長(左)と吉田社長=奈良県橿原市御坊町の喜多酒造で2019年11月19日午後0時29分、藤原弘撮影

 奈良県橿原市の喜多酒造と台湾・香港向けの訪日観光情報サイトを運営している「ジーリーメディアグループ」(東京)が、台湾限定販売の純米吟醸酒「これあらた(維新)」を開発した。現地の人が好むフルーティーな味に仕上げ、12月1日から発売する。奈良に関心を持ってもらい、観光誘客にもつなげる狙い。

 乳酸菌を使って水を酸性化させる水酛(みずもと)仕込みと呼ばれる伝統技法を用…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

あわせて読みたい

ニュース特集