メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゼリーのような新食感 高級かんきつ「紅まどんな」が初出荷 愛媛 

箱詰めされる紅まどんな=松山市福角町の堀江選果場で2019年11月19日午前9時6分、木島諒子撮影

 ゼリーのような食感の県特産高級かんきつ「紅まどんな」の出荷が19日、JAえひめ中央で始まった。8月に雨が多く日照不足で生育の遅れが心配されていたが、9~10月にかけ好天に恵まれ、平年並みの品質に仕上がった。今年産は2438トン(前年比109%)を全国の主要都市に出荷する予定で、販売は21日に解禁される。

 紅まどんなは愛媛県が開発した「愛媛果試第28号」のうち、糖度などの品質基準を満たしたもので、皮が薄く柔らかいためナイフで切って食べるのも特徴。県内のみで栽培され、JAえひめ中央が県内シェア7割以上を占める。贈答用として人気が高く、今年は消費増税の影響もあり事前注文が多いという。

この記事は有料記事です。

残り100文字(全文393文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. コロナ感染者ゼロ 「絶海の島」を逆手にとったパラオから日本へのメッセージ

  3. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  4. 新型コロナ あやめ・ラベンダーフェス中止 開花前に刈り取り 久喜 /埼玉

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 早朝だけのゴミ収集 夜間にすると暮らしやすくなる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです