メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長時間労働常態化「変わってほしい」 勝訴の原告過酷な実態語る

出退勤時間が記録されたタイムカードを見ながら過酷な長時間労働の実態を語る男性=長崎県諫早市で2019年10月23日午後6時13分、樋口岳大撮影

 最長で月160時間、毎月90時間を超える時間外労働を約2年にわたりさせたとして、長崎地裁大村支部が長崎県大村市の製麺会社に慰謝料30万円の支払いを命じた訴訟の原告男性(34)が毎日新聞の取材に応じ、夏場は40度を超える工場内で1日に13時間以上働いた過酷な実態を語った。判決は病気を発症していないのに長時間労働をさせたことを不法行為と認定した異例の判断として注目された。男性は「判決を教訓に、この会社も含め長時間労働が常態化している全国の職場が変わってほしい」と訴えた。

 9月26日付の判決によると、男性は2012年6月ごろ~17年6月、ちゃんぽん麺などの製造工場に勤務。未払い残業代などの支払いを求めた退職までの約2年間は、時間外労働が毎月、過労死ラインとされる月80時間を上回る90時間を超えた。うち6カ月は150時間を超え、最長では160時間を超えた。

この記事は有料記事です。

残り889文字(全文1269文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 夜の銀座クラブ出入り 与党、疑われる本気度 コロナ対策 野党、批判強める

  3. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

  4. 入院希望でもホテル行き 糖尿病のコロナ感染者が感じた大阪の医療崩壊危機

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです