メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪・小6女児 依然不明 手がかりなく 姿が見えなくなり3日

[PR]

 大阪市住吉区の市立小6年の女児(12)が今月17日朝から行方不明になり、3日が経過した20日も所在が分からない状態となっている。大阪府警は顔写真を公開し、延べ約160人態勢で捜索しているが、有力な手がかりは見つかっていない。

 女児は母親(38)と姉(18)、兄(14)との4人暮らし。身長150センチのやせ形で、黒髪のショートカット。黒色の運動靴を履いていたという。

 府警などによると、女児は17日午前7時ごろに自宅で朝食を取ったが、母親が就寝して午前11時ごろに起きた際には姿が見えなくなっていた。スマートフォンの電源が入っておらず、無料通信アプリ「LINE(ライン)」でメッセージを送っても反応がなかった。夜になっても帰宅しなかったため、母親が同日午後10時ごろに住吉署に届け出た。自転車は自宅に置いたままで、徒歩で外出したとみられる。所持金は1000円前後とみられ、普段はスマホのカバーに挟んでいた。

 府警は周辺の防犯カメラを調べたが、女児の姿は映っていなかった。有力な目撃証言もなく、インターネットで友人らとやりとりした形跡も見つかっていない。

 母親は取材に「ただ無事に帰ってきてほしい」と話している。情報提供は住吉署(06・6675・1234)。【安元久美子、野田樹、堀祐馬】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  3. 織田信成さんの要求 関大「妥当ではない」と判断 モラハラ訴訟で経緯公表

  4. 「脱皮」のダイオウグソクムシ死ぬ 世界初の前半部脱皮ならず 鳥羽水族館

  5. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです