メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京駅に開業105周年記念のフォトスポットが誕生 銀の鈴広場で12月24日まで

開幕式に出席した(右から)小池邦彦東京駅長、岡山絢子同駅助役、デザイン原案の菊田和彦さん=2019年11月20日、村田由紀子撮影

 JR東京駅は、20日から始めた駅開業105周年記念イベントの一つとして、辰野金吾が設計した丸の内駅舎をネオンカラーで表現したフォトスポット「TOKYO NEON STATION」を銀の鈴広場に設置した。

 東京駅は1914年12月20日に開業し、まもなく開業105周年を迎える。イベントは、利用者と東京駅、スタッフの距離を近づけるため企画された。けん玉大会や、駅周辺で働くスタッフが仕事の裏側を案内する「駅の裏側…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文515文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  3. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 大村知事「東京、大阪は医療崩壊」 吉村知事「根拠が不明」 会見、ツイートで応酬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです