メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南極オゾンホール1983年以降最小 フロンなどは依然高濃度 気象庁

 気象庁は20日、今年の南極上空のオゾンホールが1983年以降で最小になったと発表した。オゾン層を破壊するフロンなどの濃度は依然として高いが、冬に当たる8月ごろに南極上空の気温が高い特殊な気象状況になったことが原因とみられる。

 オゾンホールは2000年、79年に観測を始めてから最大の2960万平方キロ(南極大陸の2・1倍)に。オゾン層を保護するための国際的な枠組み「モントリオール議定書」が87年に採択されフロンの濃度が90年以降に下がると、オゾンホールも00年以降、小さくなる傾向にある。今年は1100万平方キロ(同0・8倍)だっ…

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文669文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 大阪来たら宿泊費を一部補助 関西圏からの客を対象に大阪府・市が7月末まで

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 初の「東京アラート」発令へ 感染再拡大の兆候 悪化なら休業再要請検討

  5. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです