国重要文化財の勝興寺で障害者アート展示 11月24日まで 富山・高岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
勝興寺に飾られた障害者が制作した美術作品=富山県高岡市伏木古国府で2019年11月18日、青山郁子撮影
勝興寺に飾られた障害者が制作した美術作品=富山県高岡市伏木古国府で2019年11月18日、青山郁子撮影

 本堂などが国重要文化財に指定されている富山県高岡市伏木古国府の勝興寺で、障害者が制作した美術作品を展示する「和日(わび)・作美(さび)・素生(すき)の表現者たち」が24日まで開かれている。

 障害者や家族が芸術を通して豊かに生きることを応援する県障害者芸術活動支援センター「ばーと◎とやま」(米田昌功代表)が、障害者芸術の魅力を広めよう…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文422文字)

あわせて読みたい

注目の特集