メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「桜を見る会」名簿「首相枠」は廃棄 内閣府でも文書保存1年以上も

「桜を見る会」の招待者名簿を廃棄した大型シュレッダーが置かれている内閣府本府(手前)=東京都千代田区で20日

 内閣府の大塚幸寛官房長は20日の衆院内閣委員会で、安倍晋三首相が主催する「桜を見る会」の「招待者名簿」を巡って、野党から資料を要求された同日の今年5月9日に廃棄した理由について、廃棄分量が多く、「大型シュレッダー」が空いており、使用できたのがこの日程だったためと説明。名簿の電子データも同時期に削除したと主張した。野党は「資料要求したから廃棄したとしか考えられない」と反発を強めている。

 各省庁からの推薦者を内閣府がまとめた招待者名簿は、文書の保存期間が1年未満。今年の分は4月13日の桜を見る会が終了後、5月9日に廃棄された。大塚氏は「遅滞なくと思い、廃棄の準備を(5月の)連休前から始めた。分量が多いので、通常の事務室にあるシュレッダーではなく大型のシュレッダーを使おうとしたが、各局の使用が重なった」と答弁。調整して廃棄したのがちょうど5月9日だったと説明した。電子データも「紙媒…

この記事は有料記事です。

残り448文字(全文842文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  3. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです