特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

「桜を見る会」名簿「首相枠」は廃棄 内閣府でも文書保存1年以上も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「桜を見る会」の招待者名簿を廃棄した大型シュレッダーが置かれている内閣府本府(手前)=東京都千代田区で20日
「桜を見る会」の招待者名簿を廃棄した大型シュレッダーが置かれている内閣府本府(手前)=東京都千代田区で20日

 内閣府の大塚幸寛官房長は20日の衆院内閣委員会で、安倍晋三首相が主催する「桜を見る会」の「招待者名簿」を巡って、野党から資料を要求された同日の今年5月9日に廃棄した理由について、廃棄分量が多く、「大型シュレッダー」が空いており、使用できたのがこの日程だったためと説明。名簿の電子データも同時期に削除したと主張した。野党は「資料要求したから廃棄したとしか考えられない」と反発を強めている。

 各省庁からの推薦者を内閣府がまとめた招待者名簿は、文書の保存期間が1年未満。今年の分は4月13日の桜を見る会が終了後、5月9日に廃棄された。大塚氏は「遅滞なくと思い、廃棄の準備を(5月の)連休前から始めた。分量が多いので、通常の事務室にあるシュレッダーではなく大型のシュレッダーを使おうとしたが、各局の使用が重なった」と答弁。調整して廃棄したのがちょうど5月9日だったと説明した。電子データも「紙媒…

この記事は有料記事です。

残り448文字(全文842文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集