メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「意見言うこともあった」首相、「推薦」関与認める 虚偽答弁は否定 桜を見る会

参院本会議で答弁に臨む安倍晋三首相=国会内で2019年11月20日午前10時12分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は20日の参院本会議で、首相主催で公費で賄われている「桜を見る会」に後援会関係者が多数出席していた問題について、自身の事務所による招待者の推薦に関与していたことを認めた。そのうえで、選定基準が曖昧だったなどとし、「運用を大いに反省し、全般的な見直しを行う」などと釈明した。菅義偉官房長官は衆院内閣委員会で、今年の招待者約1万5000人のうち、首相推薦が約1000人、自民党推薦が約6000人だったなどと説明した。

 首相が国会で説明するのは8日の参院予算委以来。首相はこの際、「主催者としてのあいさつや招待者の接遇は行うが、招待者の取りまとめなどには関与していない」と答弁。その後、首相の事務所名で桜を見る会を組み込んだ観光ツアーの案内状が地元有権者らに配布されていたことが判明し、野党が首相の関与を追及していた。

 首相は参院本会議で那谷屋正義氏(立憲民主党)の質問に「私自身も事務所から相談を受ければ、推薦者について意見を言うこともあった」と内閣官房への推薦に関わっていたことを認めた。ただ、紙智子氏(共産党)が「予算委での答弁は虚偽答弁だったのでは」と質問すると、「招待者の最終的な取りまとめには一切関与していない。虚偽だったとの指摘は当たらない」と否定した。

この記事は有料記事です。

残り913文字(全文1451文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 練習に遅刻…阪神・藤浪が2軍に降格 矢野監督「残念で信頼失う」

  2. 西村担当相「ポスト安倍」に浮上 コロナ対応の「顔」に「しゃべりたがり」批判も

  3. こんな時どうするQ&A 次亜塩素酸を噴霧すると除菌できるの? 効果は確認されていません

  4. 黒川氏辞職受け、森法相が訓示 「人ごとと捉えず、立場の自覚を」

  5. 枝野氏が政権構想案 再分配機能強化訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです