メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「意見言うこともあった」首相、「推薦」関与認める 虚偽答弁は否定 桜を見る会

参院本会議で答弁に臨む安倍晋三首相=国会内で2019年11月20日午前10時12分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は20日の参院本会議で、首相主催で公費で賄われている「桜を見る会」に後援会関係者が多数出席していた問題について、自身の事務所による招待者の推薦に関与していたことを認めた。そのうえで、選定基準が曖昧だったなどとし、「運用を大いに反省し、全般的な見直しを行う」などと釈明した。菅義偉官房長官は衆院内閣委員会で、今年の招待者約1万5000人のうち、首相推薦が約1000人、自民党推薦が約6000人だったなどと説明した。

この記事は有料記事です。

残り1238文字(全文1451文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. 川口のマンションで冷凍庫から乳児の遺体発見 住人の女性らから事情聴く 埼玉県警

  3. デジタル庁、民間と連携 首相直轄、強い権限 政府概要公表

  4. 「底抜けダム」また水漏れ 改修工事後も想定の10倍、2万トン 熊本・産山村

  5. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです