特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

桜を見る会「首相取りまとめ」してるの?してないの? 答弁ぐらぐら

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
参院本会議で答弁に臨む安倍晋三首相=国会内で2019年11月20日午前10時12分、川田雅浩撮影
参院本会議で答弁に臨む安倍晋三首相=国会内で2019年11月20日午前10時12分、川田雅浩撮影

 首相主催の「桜を見る会」を巡って、安倍晋三首相が20日の参院本会議で、これまでの説明を事実上、修正した。菅義偉官房長官と内閣官房との説明にも食い違いが生じており、野党は「虚偽答弁ではないか」と批判を強めている。

「関与していない」「取りまとめ」が「最終的なとりまとめ」に

 首相が事実上の答弁修正をしたのは、招待者の人選への関与についてだ。首相は今月8日の参院予算委で、共産党の田村智子氏の質問に「主催者としてのあいさつや招待者の接遇は行うが、招待者の取りまとめ等には関与していない」と明言した。

 ただ、20日の本会議では招待者の推薦に関しては「推薦者について意見を言うこともあった」と述べ、関与があったことを明らかにした。そのうえで「内閣官房や内閣府が行う招待者の最終的なとりまとめには一切関与していない」と繰り返し強調した。野党側はこれに「国会で虚偽の答弁をした」(立憲民主党の福山哲郎幹事長)などと一斉に反発している。首相官邸内からも「対応が後手後手になっている」と懸念する声が漏れている。

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文879文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集