スルガ銀、シェアハウスオーナー借金帳消し検討 和解進め信頼回復図る

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
スルガ銀行静岡支店=静岡市葵区呉服町で2018年4月、高場悠撮影
スルガ銀行静岡支店=静岡市葵区呉服町で2018年4月、高場悠撮影

 スルガ銀行の投資用不動産向け不正融資問題で、返済が困難になったシェアハウスのオーナーに対し、スルガが借金の帳消しを検討していることが20日、明らかになった。オーナーが所有する土地と建物をスルガに譲渡することが条件。価値の低い物件も多く一定の損失が見込まれる。ただ、貸し倒れに備えた引当金を積んでおり、経営への打撃は…

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文396文字)

あわせて読みたい

注目の特集