メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「夫が願った自由なネット世界は…」Hagexさん殺害判決に妻コメント 福岡地裁

福岡地裁などが入る庁舎=福岡市中央区六本松で、平川昌範撮影

 福岡市で昨年6月、IT講師の男性を刺殺したとして殺人罪などに問われた同市東区の無職、松本英光被告(43)に対する裁判員裁判の判決が20日、福岡地裁であった。岡崎忠之裁判長は「完全責任能力があった」と懲役18年(求刑・懲役20年)を言い渡した。

 被害者の岡本顕一郎さん(当時41歳)は「Hagex(ハゲックス)」のハンドルネームで知られる有名ブロガー。判決は、松本被告がインターネット投稿サイトのアカウントを凍結されたことなどから、岡本さんを含む複数からネットでの集団リンチ(ネット上のいじめ)を受けていると思い「リンチをやめさせるには殺害するしかないと考えるようになった」と指摘。弁護側はネット社会にある危険が犯行の背景にあると主張していたが、判決は「被告…

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文824文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  2. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 社告 町田樹さんコラム「今を生きる 今を書く」 10月5日連載スタート

  5. 新型コロナで「中国に責任を取らせなければ」 トランプ氏 国連総会演説

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです