メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森保J 代表3年ぶりのゴール、山口蛍が決めた意地の一発

【日本-ベネズエラ】後半、ゴールを決める山口=大阪・パナソニックスタジアム吹田で2019年11月19日、宮武祐希撮影

 サッカー日本代表(国際サッカー連盟ランキング28位)は19日、大阪・パナソニックスタジアム吹田でベネズエラ(同26位)との国際親善試合に臨み、1―4で敗れた。

 意地の一発だった。後半途中から出場のMF山口蛍(神戸)が2016年のロシアワールドカップ(W杯)アジア最終予選のイラク戦以来の日本代表ゴールを決めた。サポーターのため息が聞こえる試合で、経験豊富な29歳が一矢を報いた。

 0―4の後半24分。左サイドを攻め込んだFW永井謙佑(30)からのグラウンダーのパスに反応。右足をダイレクトで振り抜くとボールは相手DFに当たって浮き上がり、そのままゴールネットに吸い込まれた。3年ぶりのゴールにも「何も言うことはない」と冷静だった。

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文527文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

  2. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  3. ファンの存在の大きさを実感した1年 巨人・中川皓太投手

  4. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』日本アニメ初、ドルビーシネマ版上映決定

  5. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです