メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

慶大が19年ぶり4回目優勝 明治神宮大会大学の部 関大を完封で降す

【慶大-関大】優勝を決めマウンド上に集まり喜ぶ慶大の選手たち=神宮球場で2019年11月20日、玉城達郎撮影

 第50回記念明治神宮野球大会最終日は20日、神宮球場で大学の部決勝が行われ、慶大(東京六)が関大(関西第1)を8―0で降し、19年ぶり4回目の優勝を果たした。関大の47年ぶり2回目の優勝はならなかった。

 慶大の左腕・高橋佑樹(4年・川越東)は関大打線を七回までパーフェクトに抑え、3安打完封した。

 慶大・大久保秀昭監督 (完封した)高橋…

この記事は有料記事です。

残り56文字(全文225文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. 川口のマンションで冷凍庫から乳児の遺体発見 住人の女性らから事情聴く 埼玉県警

  3. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

  4. デジタル庁、民間と連携 首相直轄、強い権限 政府概要公表

  5. 学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです