メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「NPBジュニアトーナメント」監督会見 タカ帆足監督「今度は僕たちの番」

NPBジュニアトーナメントの記者会見に出席した各球団の監督=東京都内で2019年11月19日午後2時45分、中村有花撮影

 プロ野球12球団から選ばれた小学5、6年生による大会「NPB12球団ジュニアトーナメント」が12月27~29日、札幌ドームで開催される。「プロ野球の夢がより身近な目標になるように」を目的に2005年から始まり、今年で15回目。プロとほぼ同じユニホームを着用し、OBが各球団を率いて、未来のスター候補たちにプロのマインドを伝える。

 大会は日本野球機構と12球団の主催で、全日本軟式野球連盟が運営協力する。日本ハムは約920人、DeNAは約800人、ヤクルトは約750人など多くの応募があり、それぞれ16人を選びチームを編成する。各球団とも、土日を中心に練習試合を組むなどして準備を進めているという。

この記事は有料記事です。

残り480文字(全文779文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  2. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

  3. 「緊急事態宣言解除」 諮問委が了承 西村担当相「実施する必要なくなった」

  4. 特集ワイド 乱世で「小池劇場」再び 風読みコロナ対応次々、好感度上昇

  5. 無言の抵抗の思いとは?医療従事者100人、ベルギー首相に背を向け「冷たい歓迎」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです