メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「NPBジュニアトーナメント」監督会見 タカ帆足監督「今度は僕たちの番」

NPBジュニアトーナメントの記者会見に出席した各球団の監督=東京都内で2019年11月19日午後2時45分、中村有花撮影

 プロ野球12球団から選ばれた小学5、6年生による大会「NPB12球団ジュニアトーナメント」が12月27~29日、札幌ドームで開催される。「プロ野球の夢がより身近な目標になるように」を目的に2005年から始まり、今年で15回目。プロとほぼ同じユニホームを着用し、OBが各球団を率いて、未来のスター候補たちにプロのマインドを伝える。

 大会は日本野球機構と12球団の主催で、全日本軟式野球連盟が運営協力する。日本ハムは約920人、DeNAは約800人、ヤクルトは約750人など多くの応募があり、それぞれ16人を選びチームを編成する。各球団とも、土日を中心に練習試合を組むなどして準備を進めているという。

この記事は有料記事です。

残り480文字(全文779文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです