メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

玉鷲白星で響く、復興を願う鐘 九州北部豪雨で被災した福岡・朝倉市の寺

玉鷲の白星を祝う鐘を突いている明元寺の佐々木幸哉住職。鐘の傍らには、玉鷲の勝敗を記す紙を張っている=福岡県朝倉市で2019年11月18日午前8時55分、黒川優撮影

 2017年7月の九州北部豪雨で大きな被害を受けた福岡県朝倉市の寺が、大相撲九州場所でモンゴル出身の前頭・玉鷲(35)が白星を挙げるたびに祝福の鐘を鳴らしている。被災者を慰問するなど同市に心を寄せ続ける玉鷲への感謝と、相次いで災害に見舞われた各地の復興への願いを込め、今場所から始めた。住民は「朝倉が復興に向け歩んでいる姿を見せたい」と語る。

 九州場所の会場の福岡市・福岡国際センターから車で約1時間の朝倉市。玉鷲が所属する片男波部屋は10年から宿舎を置いている。同市の山あいの小さな集落にある明元寺では、佐々木幸哉住職(71)や門徒が、玉鷲が勝った日の午後6時に鐘を3回突く。

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文874文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  2. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  3. かまぼこ商品「うな次郎」ウナギフリーにリニューアル 絶滅危惧に配慮 新潟

  4. 拉致問題進展なく 安倍首相「断腸の思い、申し訳ない」 横田滋さん死去

  5. 4月の京都、外国人宿泊客1000人 昨年同月の35万人から99.7%減

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです