メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京都、飲食店などに時短要請へ 25日午後5時からの記者会見で公表
日本文化をハザマで考える

第15回 どうしてもミナミに行きたい

道頓堀の看板

 「南に行かないか?」

 去年、私が一番古い友達と一緒に新幹線で名古屋から西へ向かっていた時、その友達が突然言った。午前中は、雨と霧の中を、他の友達と一緒に、歴史があって魅力的な犬山市で犬山城や露地庭園、そして目抜き通りを歩き回った。夕方近くになると、私たち二人は名古屋でグループから離れて日本でも指折りの熱田神宮へと向かっていた。

 3連休も終わりに近づき、私がまっすぐうちへ帰ろうとしているのを彼も知っていた。しかし彼が口にした「南」という言葉は、私を立ち止まらせ、考え直させた。ああ、私の愛する南。どれほど私は南へ行きたいだろうか。

この記事は有料記事です。

残り785文字(全文1052文字)

ダミアン・フラナガン

ダミアン・フラナガン(Damian Flanagan) 1969年英国生まれ。作家・評論家。ケンブリッジ大在学中の89~90年、東京と京都に留学。93~99年に神戸大で研究活動。日本文学の修士課程、博士課程を経て、2000年に博士号取得。現在、兵庫県西宮市とマンチェスターに住まいを持って著作活動している。著書に「世界文学のスーパースター夏目漱石」。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道の町役場でクラスター 来庁者立ち入り禁止、半数欠勤 正常化へ2週間

  2. トヨタ東富士工場閉鎖 OBから惜しむ声「あんなにいい場所なのに…」

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

  5. 高級車 ジャガー、ベンツ、レクサス「売らない店」の理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです