メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

豪山火事、コアラ捜索に犬が出動 脚に保護用靴下

 山火事が深刻な被害をもたらしているオーストラリアで、傷ついたコアラを救うため、「ベア(クマの意味)」という名前の犬が出動している。写真は20日、ソーシャルメディアから取得(2019年 ロイター/IFAW AUSTRALIA)

[PR]

 [シドニー 20日 ロイター] - 山火事が深刻な被害をもたらしているオーストラリアで、傷ついたコアラを救うため、「ベア(クマの意味)」という名前の犬が出動している。

 牧畜犬の雑種のベアは、コアラのほか、同じく有袋類のフクロネコを見つけるよう訓練を受けている。

 ベアの通常の活動は病気だったり負傷していたりする野生動物を探すことで、その後動物たちは保護されたり研究の対象となったりする。しかし今月に入ってからは、焼け焦げた地域で捜索活動を実施。脚には保護するための靴下を履いている。

 オーストラリアで発生した山火事ではコアラも大きな被害を受けており、350頭以上が命を落とした可能性があるという。

 *発信日を更新し、写真を付けて再送しました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. コロナは政治を変えたのか 中北教授が読む与党の「慢心」と野党に欠ける「帆」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです