メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

豪山火事、コアラ捜索に犬が出動 脚に保護用靴下

 山火事が深刻な被害をもたらしているオーストラリアで、傷ついたコアラを救うため、「ベア(クマの意味)」という名前の犬が出動している。写真は20日、ソーシャルメディアから取得(2019年 ロイター/IFAW AUSTRALIA)

[PR]

 [シドニー 20日 ロイター] - 山火事が深刻な被害をもたらしているオーストラリアで、傷ついたコアラを救うため、「ベア(クマの意味)」という名前の犬が出動している。

 牧畜犬の雑種のベアは、コアラのほか、同じく有袋類のフクロネコを見つけるよう訓練を受けている。

 ベアの通常の活動は病気だったり負傷していたりする野生動物を探すことで、その後動物たちは保護されたり研究の対象となったりする。しかし今月に入ってからは、焼け焦げた地域で捜索活動を実施。脚には保護するための靴下を履いている。

 オーストラリアで発生した山火事ではコアラも大きな被害を受けており、350頭以上が命を落とした可能性があるという。

 *発信日を更新し、写真を付けて再送しました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  2. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  3. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  4. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  5. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです