メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新20世紀遺跡

/70 東京都杉並区・上井草球場 日本野球、草創と復興支え

上井草球場(東京球場)は、初のプロ野球専用球場として誕生した。跡地には現在、総合スポーツ施設、上井草スポーツセンターがある=東京都杉並区で

 プロ野球は、今でこそ高い人気を誇っている。しかし今から八十余年前の草創期は、学生野球の人気が圧倒的で、球団は選手集めや試合場の確保にさえ苦労した。そうした中で球界を支えたのが、上井草球場(現東京都杉並区)だ。

 西武鉄道が建設した。完成は1936年8月29日。両翼100・6メートル、中堅118・9メートルと、当時としては広く、約3万人の観客を収容した。やや遅れて、プロ専用の洲崎球場(同江東区)が埋め立て地の軟弱地盤に突貫工事で造られたのに対し、堅固な構造でもあった。「東京球場」とも呼ばれている。ホームチームは、同年に結成された東京セネタースだ。巨人の沢村栄治など球史に名を残す選手たちが活躍した。

 ただ翌年に落成した後楽園球場(同文京区)に比べて交通の便が悪かった。同球場ができるまでには77の公…

この記事は有料記事です。

残り915文字(全文1266文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  4. ボクシングの協栄ジムが活動休止へ

  5. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです