メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きままに演芸

文珍、しゃべりの五輪

20日間の独演会を開く桂文珍=東京都千代田区で

 上方落語の重鎮、桂文珍が来年2~3月、芸歴50周年を記念して、国立劇場大劇場(東京都千代田区)で20日間にわたる独演会を開催する。上方と江戸の人気落語家・講談師計20人が毎回1人ずつゲストで登場し、花を添える。文珍は「2020年は東京オリンピック・パラリンピックの年。おしゃべりのアスリートとして、落語の楽しさをみなさんと共有したい」と意気込む。

 前半は来年2月28日~3月8日、後半は3月15~24日でいずれも午後2時開演。文珍は古典と新作を織り交ぜて毎回2演目を披露する。

この記事は有料記事です。

残り460文字(全文699文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 志賀直哉の旧居、3月末閉館へ 文学記念室も 入館者減少で 尾道 /広島

  5. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです