メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

豪雪地帯の星

 長野県北部の野沢温泉村は「五輪選手が日本一多い村」といわれる。人口約3500人の豪雪地帯は、スキーの五輪代表を16人も送り出してきた。最近では複合団体で五輪2大会連続金メダルの河野孝典さんが有名だ。

 村在住の次のオリンピアン候補がアルペンスキーの加藤聖五(せいご)選手(21)=野沢温泉ク。17歳で全日本選手権大回転を制した大器で、2022年北京冬季五輪に向け…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文453文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大惨事になりかねない」マスクやゴム手袋…海に「コロナごみ」、欧州で問題化

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. 東京都内で206人の感染確認 4日連続200人超

  4. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  5. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです