メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

介護職、過酷な現場知って 施設勤務の女性、実体験を本に 「知識と体力が必要な専門職」訴え /千葉

「介護職のリアルと突破口」を手にするちば合同労働組合の白井書記長=千葉県習志野市で

 介護職の過酷な労働現場の実態を知ってもらおうと、県内の介護施設に勤める女性「あらかん」さん(67)が自身の体験を赤裸々に描いた「介護職のリアルと突破口」を出版した。働き方を変えるために実践した取り組みも紹介しており、あらかんさんは「介護職は本来ならやりがいのある奥深い仕事。現状を変えるために知ってほしい」と話している。【小林多美子】

 ちば合同労働組合(千葉市中央区)の月刊紙に2012年から約5年間続けた連載「介護労働の現場から」をまとめた。現場のつらさが描かれているが、明るい書きぶりで読みやすい。組合が出版委員会を作り、クラウドファンディングで出版費用の一部を集めた。

この記事は有料記事です。

残り546文字(全文834文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 大阪で過去最多23人死亡 新型コロナ 新たな感染者は357人

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです