メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もうひとつの動物園

守り・伝える/281 オランウータン/73 /東京

ボルネオ島の硬い路面に苗木を植える穴を掘る小俣三佳子さん(手前中央)ら=2015年8月、ボルネオ保全トラスト・ジャパン提供

植林活動、暮らし見直す

 ボルネオ島に「ジプシーの森をつくろう」と呼びかける都内の小学校教員、小俣三佳子さん(58)は、2015年8月、品川区の認定NPO法人「ボルネオ保全トラスト・ジャパン」(BCTJ)などが企画した植林ツアーに参加した。同島北東のマレーシア・サバ州キナバタンガン川下流域だった。

 小学生からシニアまで15人が日本から参加。違法に開発された農園のアブラヤシを住民組織が伐採した跡の硬い土地に穴…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文512文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、大規模イベント中止・延期を要請へ 3月中旬まで2週間

  2. 北海道教委、全小中学校の休校要請へ

  3. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  4. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  5. 東京都教委が卒業式縮小 参列者減らし時間短縮 時差通学も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです