メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

両陛下きょう来県、伊勢神宮参拝(その2) お出迎え、準備万全 宇治山田駅、化粧直し /三重

外壁洗浄、シャンデリアをLEDに

 天皇、皇后両陛下を迎える近鉄宇治山田駅では、9月初めから10月末まで2カ月をかけて駅舎の美装化工事を行った。国の登録有形文化財でもある駅舎の外壁すべての洗浄と防水塗料の塗り直しを行ったほか、1階コンコースのシャンデリア10基をLEDライト仕様に新調するなど、お出迎え準備は万全だ。

 同駅は1931(昭和6)年3月の開設で、当時は参宮急行電鉄線(現在の近鉄大阪線・山田線)の始終着駅だった。鉄骨鉄筋コンクリート3階建て(塔屋を含め5階建て)で、天皇や首相が伊勢神宮を参拝する際の乗降駅で、貴賓室も整備されている。東武鉄道浅草駅や旧蒲郡ホテル(現蒲郡クラシックホテル)などを手がけた建築家、久野節(1882~1962年)が設計した。

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文672文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ緊急事態・飲食店名公表策 市民扇動、制裁を奨励するのか

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです