メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

四国見聞録

Eat&Stay とまとと 高知県日高村 トマトの香り、宿泊交流施設 カフェや観光案内の機能も /四国

オープン初日の「Eat&Stay とまとと」。小野加央里さん(左)が1階の厨房前で笑顔を見せる=日高村で、郡悠介撮影

 糖度の高い「シュガートマト」の特産地で、高知市から車で西に約30分の山間部に位置する高知県日高村。今月9日、村内初という宿泊施設「Eat&Stay とまとと」が高知市方面からの“村の窓口”である国道33号沿いの村東端にオープンした。宿泊客と地域住民の交流拠点、カフェ、観光案内などを兼ねた施設と聞き、初日に訪ねてみた。【郡悠介】

 施設の考案者は地域おこし協力隊として東京から村に移住した小野加央里さん(38)。移住前、自身の取り組むボランティア活動の縁で村に遊びに来るようになったが、宿泊施設がなく不便に感じた。「居酒屋のように気軽に“行きつけられる田舎”にしたい」。そんな思いを村に打診したことが、宿泊施設の整備につながった。運営は地元NPO法人「日高わのわ会」が指定管理者として担う。

この記事は有料記事です。

残り872文字(全文1217文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. 死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ジャーナリズムを、聞きたい 菅家さんの冤罪証明し真犯人を追う 清水潔さん「潜在する危機伝えることこそ報道」

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです