連載

発言

ニュースや社会問題について識者・専門家が論じる寄稿欄です。

連載一覧

発言

北大教授解放後も残る懸念=松田康博・東京大教授

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 中国社会科学院の招請に応じて北京を訪問後、約2カ月間、中国当局に拘束されていた北海道大学教授がようやく解放され、無事に帰国した。関係者の間では「よかった!」という安堵(あんど)の声が幾重にもこだました。

 日本政府が中国政府に繰り返し強く申し入れたこと、学界からの強い懸念表明が政府を後押ししたこと、そして中国国内で来春の習近平国家主席訪日への悪影響を懸念する判断がなされたことが、解放につながったと考えられる。評価したい。

 しかし、これは問題終結を意味するわけではない。この事件が日中関係に与えた影響は、中国当局が想像するよりもはるかに深刻である。

この記事は有料記事です。

残り994文字(全文1269文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集