メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外旧優生保護法は「違憲」 賠償請求は棄却 大阪地裁
一点張り・論説室から

SNS社会とシェークスピア=濱田元子

 400年以上前に書かれたシェークスピアの悲劇と、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)。この一見、交わらないような二つが、現代政治の実相を鋭く突く。今月、ソウルで見た舞台が刺激的だった。

 インターナショナル・シアター・アムステルダムによる「Roman Tragedies(ローマ悲劇)」だ。「コリオレイナス」「ジュリアス・シーザー」「アントニーとクレオパトラ」の3作を6時間弱で一気に上演する。来年には東京に来るという。

 専制支配と大衆操作、政治的野心と個人的感情を深い洞察で描いた政治劇である。ポピュリズムや権謀術数を繰り広げる為政者への風刺も込められる。劇中で登場人物として市民の役割を果たしたのが、観客とSNSだ。

この記事は有料記事です。

残り587文字(全文903文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです