メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最長政権

/3 官邸主導、副作用も

 1日、萩生田光一文部科学相は、2020年度実施予定の大学入学共通テストでの英語の民間試験活用見直しを表明し、「私が判断した」と強調した。だが、これこそ安倍政権で強まった「官邸主導」を象徴する出来事だった。

 その前日、藤原誠事務次官ら文科省幹部は、経済・地域格差を招くとの懸念に対する対策案を携えて首相官邸を訪ねた。予定通り20年に導入すると伝えると、日ごろは聞き役に徹する杉田和博官房副長官が口を挟んだ。

この記事は有料記事です。

残り980文字(全文1183文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  3. 大規模イベント開催は「主催者の判断」 菅官房長官会見詳報

  4. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  5. 特集ワイド ホテル不足は終わった? 五輪前の「新型コロナウイルス」痛手

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです