メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最長政権

/3 官邸主導、副作用も

 1日、萩生田光一文部科学相は、2020年度実施予定の大学入学共通テストでの英語の民間試験活用見直しを表明し、「私が判断した」と強調した。だが、これこそ安倍政権で強まった「官邸主導」を象徴する出来事だった。

 その前日、藤原誠事務次官ら文科省幹部は、経済・地域格差を招くとの懸念に対する対策案を携えて首相官邸を訪ねた。予定通り20年に導入すると伝えると、日ごろは聞き役に徹する杉田和博官房副長官が口を挟んだ。

この記事は有料記事です。

残り980文字(全文1183文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシア・ザギトワ選手「活動停止」 事実上の引退宣言の可能性 18年平昌五輪“金”

  2. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  3. 巡査長が中学生平手打ち「ふてぶてしい態度、腹立った」 和歌山県警、書類送検

  4. 五輪特需、延長頂きました スナック、キャバクラなど会場周辺で容認へ 警視庁検討

  5. Dr.STONE テレビアニメ第2期の制作決定 「ジャンプ」の人気マンガが原作

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです