メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディア時評

新聞週間になかった「権力の監視」=仲地博・前沖縄大学長

 先月の本欄で私は民主党政権の発足を10月と書いた原稿を提出したが、これは誤りで9月だった。毎日新聞の校閲が気づいて直してくれた。10月15日の毎日新聞夕刊は校閲について紹介している。校閲は誤字脱字の修正だけでなく、内容に踏み込んで確認を行うという。毎日新聞では一つの紙面に対して数人の校閲記者とデスクが最低でも3回の校閲を行うそうで、これには驚いた。かくして新聞の正確性が確保され読者の信頼を獲得しているのだと納得した。

 10月15日からの新聞週間では、各紙が特集を組んだり(毎日は16日朝刊)、社説で新聞の役割や意義を…

この記事は有料記事です。

残り603文字(全文864文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  2. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  3. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  4. 無免許ひき逃げ後、土に軽トラ埋めて証拠隠滅 容疑者逮捕

  5. ジャパンライフ被害者「国とぐるになって田舎の正直者をだました」 「桜を見る会」チラシで信用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです