メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・医療・健康

唾液と虫歯、研究重ね新常識

イグ・ノーベル賞を受賞した明海大保健医療学部の渡部茂教授=千葉県浦安市で

 ユニークな研究成果に与えられる「イグ・ノーベル賞」に今年、ある日本人小児歯科医が輝いた。5歳児の唾液が1日に500ミリリットル入りペットボトル1本分にもなることを実験で明らかにしたことが評価された。なにも奇をてらったものではない。受賞の裏には、子どもの虫歯をなくすための長年にわたる地道な研究があった。そこから見えてきた唾液と虫歯の「新常識」を探ってみた。

この記事は有料記事です。

残り1217文字(全文1396文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  3. 織田信成さんの要求 関大「妥当ではない」と判断 モラハラ訴訟で経緯公表

  4. 「脱皮」のダイオウグソクムシ死ぬ 世界初の前半部脱皮ならず 鳥羽水族館

  5. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです