メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「細断機空き名簿廃棄」 内閣府、野党請求の当日 桜を見る会巡り説明

「桜を見る会」の招待者名簿を廃棄した大型シュレッダーが置かれている内閣府本府(手前)=東京都千代田区で20日

 内閣府の大塚幸寛官房長は20日の衆院内閣委員会で、安倍晋三首相が主催する「桜を見る会」の「招待者名簿」を巡って、野党から資料を要求された同日の今年5月9日に廃棄した理由について、廃棄分量が多く、「大型シュレッダー」が空いており、使用できたのがこの日程だったためと説明。名簿の電子データも同時期に削除したと主張した。野党は「資料要求したから廃棄したとしか考えられない」と反発を強めている。【竹地広憲】

この記事は有料記事です。

残り663文字(全文863文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 現職の吉村美栄子氏が4選 自公推薦の新人破る 山形県知事選

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです