特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

桜見る会、首相枠1000人 昭恵氏含め、推薦関与認める

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 安倍晋三首相は20日の参院本会議で、首相主催で公費で賄われている「桜を見る会」に後援会関係者が多数出席していた問題について、自身の事務所による招待者の推薦に関与していたことを認めた。選定基準が曖昧だったなどとし、「運用を大いに反省し、全般的な見直しを行う」と釈明した。菅義偉官房長官は衆院内閣委員会で、今年の招待者約1万5000人のうち、首相推薦が約1000人、自民党推薦が約6000人だったなどと説明した。

 首相が国会で説明するのは8日の参院予算委以来。首相はこの際、「主催者としてのあいさつや招待者の接遇は行うが、招待者の取りまとめなどには関与していない」と答弁。その後、首相の事務所名で桜を見る会を組み込んだ観光ツアーの案内状が地元有権者らに配布されていたことが判明し、野党が首相の関与を追及していた。

この記事は有料記事です。

残り1068文字(全文1423文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集