メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昭恵夫人「私人」なのに「桜を見る会」で推薦枠? 公私混同では?

「桜を見る会」で招待者に囲まれ、笑顔を見せる安倍晋三首相(中央左)と妻昭恵氏(同右)=東京都新宿区の新宿御苑で2017年4月15日、竹内紀臣撮影

 思わず首をひねった。「安倍昭恵氏って私人だったのでは?」。首相主催の「桜を見る会」に安倍晋三首相の後援会から多数が参加していた問題で、首相の妻昭恵氏にも推薦枠があったことが20日、判明した。実は、政府は2017年3月、「首相夫人は私人である」と閣議決定している。私人なのに公的行事の推薦枠が与えられるとは、やはり公私混同ではないのか。【江畑佳明/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1528文字(全文1715文字)

江畑佳明

大阪府寝屋川市生まれ。1999年入社。山形支局を振り出しに、千葉支局、大阪社会部、東京社会部、夕刊編集部、秋田支局次長を経て、2018年秋から統合デジタル取材センター。興味があるのは政治、憲法、平和、ジェンダー、芸能など。週末は長男の少年野球チームの練習を手伝う。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  3. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  4. 菅首相「最終的には生活保護」 新型コロナでの困窮者支援で持論、野党から批判

  5. 関西空港が「シャッター通り」 インバウンド消失でも、「V字回復」待つしか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです