昭恵夫人「私人」なのに「桜を見る会」で推薦枠? 公私混同では?

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「桜を見る会」で招待者に囲まれ、笑顔を見せる安倍晋三首相(中央左)と妻昭恵氏(同右)=東京都新宿区の新宿御苑で2017年4月15日、竹内紀臣撮影
「桜を見る会」で招待者に囲まれ、笑顔を見せる安倍晋三首相(中央左)と妻昭恵氏(同右)=東京都新宿区の新宿御苑で2017年4月15日、竹内紀臣撮影

 思わず首をひねった。「安倍昭恵氏って私人だったのでは?」。首相主催の「桜を見る会」に安倍晋三首相の後援会から多数が参加していた問題で、首相の妻昭恵氏にも推薦枠があったことが20日、判明した。実は、政府は2017年3月、「首相夫人は私人である」と閣議決定している。私人なのに公的行事の推薦枠が与えられるとは、やはり公私混同ではないのか。【江畑佳明/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1528文字(全文1715文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集