メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野党「政権ぐるみで私物化」と批判 麻生氏「推薦枠は100~200人」

参院財政金融委員会で安倍晋三首相主催の「桜を見る会」を巡る問題について答弁する麻生太郎副総理兼財務相=国会内で2019年11月21日午前10時39分、川田雅浩撮影

 麻生太郎副総理兼財務相は21日の参院財政金融委員会で、今年4月の首相主催の「桜を見る会」について招待者として推薦した地元関係者などの人数について「100~200人」と答弁した。桜を見る会を巡っては、安倍晋三首相の後援会関係者が多数出席していたほか、首相の妻昭恵氏が招待者を推薦した事実も明らかになっており、野党は「政権ぐるみで会を私物化している」と反発を強めた。

 政府はこれまで、今年の招待者1万5000人のうち首相の推薦が約1000人、副総理、官房長官、官房副長官の推薦が計1000人と説明している。麻生氏は参院財金委で、自ら招待した人数について「事務所に記録は残っていないが、100~200人の間だ」と明言。「首相も反省して(招待)基準を見直すことを決めた」と釈明した。

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文636文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです