メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米商務省、ファーウェイへの禁輸措置を一部緩和

華為技術(ファーウェイ)

 米商務省は20日、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)に対する事実上の禁輸措置について、一部米製品の輸出を許可したことを明らかにした。対象製品や企業は明らかにしていない。トランプ大統領が6月の米中首脳会談で表明したファーウェイ禁輸措置の一部緩和が約5カ月後に実現した形で、「第1段階」の合意に向けた米中通商協議の後押しとなる可能性もある。

 商務省は同日「米国の国家安全保障に重大なリスクをもたらさない限定的な取引について輸出許可を出した」との声明を発表した。これに先立ちロス商務長官も19日、米テレビ番組で「290件ほどの輸出許可申請があり、承認と拒否の通知を送り始めている」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り483文字(全文780文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 日産、2030年代早期に新型車をすべて電動車に 日米中欧の市場で

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 「見捨てられるのでは」都民フ議員、都議選を前に焦り 小池氏は自民と接近?

  5. 光を放つ800系 公募「願いごと」を装飾 九州新幹線全線開業10年で特別運行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです