メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福井知事「儀礼の範囲超える」「誠に残念」 金品受領、広範囲に

調査委員会の結果を受けて職員の処分を発表し、頭を下げて謝罪する福井県の近松茂弘・総務部長=福井市の県庁で2019年11月21日午後6時11分、大森治幸撮影

 就任や退任祝いの現金・商品券にシャツ仕立券や小判。関西電力幹部に多額の金品を贈っていた福井県高浜町の元助役、森山栄治氏(故人)による金品提供は、県職員の間にも根を張っていた。県の調査委員会が21日に示した報告書では、調査できた職員の約3分の1に受領が確認され、森山氏による「ばらまき」の異常さが改めて浮かび上がった。しかし、調査は対象者本人の申告に基づくもので、全容解明といえるものかは疑義も残る。

 「儀礼の範囲を超える金品を受領していたことは誠に残念。県としてしっかりと襟を正さなくてはいけない」。説明記者会見後に報道陣の取材に応じた同県の杉本達治知事は、表情をこわばらせた。

この記事は有料記事です。

残り732文字(全文1022文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです