メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第1党「青と白」のガンツ氏も組閣できず イスラエル政局混迷、3回目の総選挙の可能性も

ガンツ氏=ロイター

 イスラエルで9月に行われた総選挙で第1党となった中道政党連合「青と白」の共同代表で元軍参謀総長のガンツ氏は20日、リブリン大統領から指示されていた組閣を断念した。ネタニヤフ首相に続く失敗で、国会(定数120)が今後、首相候補の擁立を模索するが、擁立できなければ、今年4月と9月に続き3回目となる総選挙にもつれ込むことになる。

 1948年の建国以来、イスラエルでは例外なく連立政権が組まれてきたが、総選挙を受けて2人の首相候補が連立交渉に失敗するのは初めて。地元メディアは3回目の総選挙の可能性が高くなっていると報じており、イスラエル政局の混迷は続きそうだ。

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文591文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつDVD販売手助けの疑い バナー広告集めたサイトの運営者逮捕 4800万円稼ぐ

  2. 東京で新たに481人の感染確認 2日連続で400人超 重症者は6人増60人に

  3. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  4. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  5. コロナで変わる世界 <仕事編②>希望退職「35歳以上」 日本型雇用に見直しの波

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです