メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第1党「青と白」のガンツ氏も組閣できず イスラエル政局混迷、3回目の総選挙の可能性も

ガンツ氏=ロイター

 イスラエルで9月に行われた総選挙で第1党となった中道政党連合「青と白」の共同代表で元軍参謀総長のガンツ氏は20日、リブリン大統領から指示されていた組閣を断念した。ネタニヤフ首相に続く失敗で、国会(定数120)が今後、首相候補の擁立を模索するが、擁立できなければ、今年4月と9月に続き3回目となる総選挙にもつれ込むことになる。

 1948年の建国以来、イスラエルでは例外なく連立政権が組まれてきたが、総選挙を受けて2人の首相候補が連立交渉に失敗するのは初めて。地元メディアは3回目の総選挙の可能性が高くなっていると報じており、イスラエル政局の混迷は続きそうだ。

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文591文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 休園?一部受け入れ?それとも原則開園? 緊急事態宣言、保育園「どうしたら…」

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. 緊急事態宣言 休業か、一部営業か「あらゆる事態想定」 対応追われる百貨店

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです