メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GSOMIA失効 23日0時に迫る 日韓歩み寄り見られず

安倍晋三首相(左)と文在寅・韓国大統領

 日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA、ジーソミア)の失効期限が23日午前0時に迫る中、日韓双方とも歩み寄りは見られず、失効する可能性が高まっている。韓国の青瓦台(大統領府)は21日、国家安全保障会議(NSC)常任委員会を開き協議したが、GSOMIAを含む日韓関係については「関係国との緊密な協議を継続する」とだけ発表した。

 一方、日本政府も同日夕、首相官邸でNSCの関係閣僚会合を開催。日韓関係についても話し合ったとみられる。菅義偉官房長官は21日午後の記者会見で「引き続き、韓国側に賢明な対応を強く求めていく立場に変わりはない」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り692文字(全文965文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  2. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  3. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  4. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  5. 新型コロナ コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです