GSOMIA失効 23日0時に迫る 日韓歩み寄り見られず

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
安倍晋三首相(左)と文在寅・韓国大統領
安倍晋三首相(左)と文在寅・韓国大統領

 日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA、ジーソミア)の失効期限が23日午前0時に迫る中、日韓双方とも歩み寄りは見られず、失効する可能性が高まっている。韓国の青瓦台(大統領府)は21日、国家安全保障会議(NSC)常任委員会を開き協議したが、GSOMIAを含む日韓関係については「関係国との緊密な協議を継続する」とだけ発表した。

 一方、日本政府も同日夕、首相官邸でNSCの関係閣僚会合を開催。日韓関係についても話し合ったとみられる。菅義偉官房長官は21日午後の記者会見で「引き続き、韓国側に賢明な対応を強く求めていく立場に変わりはない」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り692文字(全文965文字)

あわせて読みたい

ニュース特集