メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千葉県、義援金配分額決定 台風・大雨被害 第1次分

千葉県庁=千葉市中央区で2019年2月22日、町野幸撮影

 千葉県は20日、台風15、19号と、21号の影響による大雨の被害で寄せられた義援金の分け方を決める県災害義援金配分委員会を設置した。県庁で初会合があり、死者、重傷者や住宅被害を受けた世帯に対する第1次配分額を決定。義援金受給には罹災(りさい)証明が必要で、早ければ年内に支給される。

 県、日本赤十字社、共同募金会を通じて寄せられた義援金は14日時点で、約13…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文452文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

  4. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  5. 「学長人事にも適用されかねない」 苅部直氏が指摘する任命拒否の「最大の問題」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです