メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

立ち入れない故郷へバーチャル遠足 ドローンで中継楽しむ 全町避難の福島・双葉町の児童

双葉町内から中継でつないだ除染作業の関係者に手を振る児童ら=福島県いわき市錦町の双葉南、北小学校で2019年11月20日、乾達撮影

 福島第1原発事故による全町避難のため、福島県いわき市の仮設校舎で学ぶ同県双葉町立双葉南、双葉北小学校の全校児童33人が20日、小型無人機ドローンやモバイル通信を活用し、現在は立ち入ることのできない古里の景色を見たり、町内で働く人と会話したりする「バーチャルふるさと遠足」を楽しんだ。

 児童は主に避難先で育ち、15歳未満は町への一時立ち入りも認められていないため古里の記憶がない。このため、NTTドコモやまちづくり会社「ふたばプロジェクト」などが協力し…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文567文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  2. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  3. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  4. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 マイナンバーと口座ひも付け 見え透いた国民監視の魂胆

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです