メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相 在職歴代最長達成 お膝元・下関で祝福行事 横断幕や写真展、三原じゅん子議員の街頭演説会も

首相在職歴代最長を祝し、下関市役所新館1階エントランスに掲げられた横断幕=近藤綾加撮影

[PR]

 安倍晋三首相の通算在職日数が憲政史上最長となった20日、首相のお膝元の山口県下関市などで、最長記録を祝う行事が相次いだ。

■横断幕

 下関市南部町の市役所新館1階エントランスには、「祝 安倍晋三内閣総理大臣 在職期間歴代最長達成」と書かれた横断幕が掲げられた。縦約90センチ、横7・4メートル。正面玄関を入って真正面の最も目立つ位置に、朝の開庁時間前に取り付けられた。12月27日まで。県庁でも同様の横断幕がロビーに、看板(縦約1メートル、幅約10メートル)が庁舎敷地内に設置された。

■写真展

会場に展示された安倍首相の写真を見る来場者=祝部幹雄撮影

 下関市竹崎町4の複合商業施設「シーモール下関」では、自民党山口第四選挙区支部主催の記念写真展が始まった。12月8日まで。

 会場には、2006年9月発足の第1次安倍内閣以降の国会やサミットなどの国際会議、各国首脳との会談の記念写真を中心に、約60枚の写真パネルや、首相任命時の辞令などを展示している。

 政治家以外にも元巨人監督の長嶋茂雄さんらスポーツ選手との交流などを伝える写真も並んでいる。

■演説会 

JR下関駅前では同日夕、自民党下関支部が街頭演説会を開き、駆け付けた党女性局長の三原じゅん子参院議員が「地元の皆さんに、これからもお支えいただきたい」と呼び掛けた。

 三原議員は、集まった支持者らと万歳三唱。安倍政権の強みとして「選挙に強く、アベノミクスや地方創生、一億総活躍など分かりやすい政策テーマを打ち出してきた」などと振り返った。今後の政権運営については「北朝鮮による拉致問題、災害からの復旧・復興、憲法改正など大きな問題で、まだまだ活躍してもらわなければならない」と訴えた。【近藤綾加、坂野日向子、祝部幹雄】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

  3. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

  4. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  5. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです