メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遺体の身元、8年へて判明 震災直後に発見 大槌の30代男性

岩手県警本部=滝沢修撮影

 岩手県警は20日、東日本大震災直後に発見された遺体の身元について、当時大槌町に住んでいた30代の男性と判明したと発表した。

 県警によると、遺体は2011年3月11日の震災直後に大槌町の遺体安置所に収容され、15日に遺体の検視が実施された。詳しい発見日時と場所は分かっていないが、男性は同町の自宅で被…

この記事は有料記事です。

残り162文字(全文312文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 真夜中に小学生を追い返した児相 それで子ども守れるのか

  2. 現場から 神戸・児相門前払い 把握後も報告、公表怠る 市家庭支援課、事態の矮小化目立ち /兵庫

  3. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  4. 札幌市で新たに1人新型コロナ感染 70代日本人男性 北海道内18人目

  5. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです