メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

かつては1万羽も… オオハクチョウの飛来激減 日本最大の中継地・風蓮湖 北海道

飛来の著しい低迷が続いているオオハクチョウ=風蓮湖で

 秋の渡りのピークを迎え、シベリアから数多くのオオハクチョウが飛来する北海道東の風蓮湖(ふうれんこ)周辺。かつては1万羽前後が立ち寄る日本最大の中継地で知られたが、ここ数年は2000羽を下回るまでになった。減少の原因は分かっておらず、調査した根室市春国岱(しゅんくにたい)原生野鳥公園ネイチャーセンターは首をひねるばかりだ。【本間浩昭】

  年6回(うち秋に4回)の個体数調査を行っている同センター。例年であればオオハクチョウの飛来数がピークとなる11月15日の調査(3回目)は、1003羽にとどまった。

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文714文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 5~7月の妊娠届11%減 コロナで出生数大幅減へ 厚労省発表

  5. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです