「免許返納専用相談ダイヤル」開設へ 番号は「#8080(はればれ)」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
中央合同庁舎第2号館。国家公安委員会、警察庁、総務省、消防庁、国土交通省、観光庁、運輸安全委員会が入っている=東京都千代田区で2019年5月10日、米田堅持撮影
中央合同庁舎第2号館。国家公安委員会、警察庁、総務省、消防庁、国土交通省、観光庁、運輸安全委員会が入っている=東京都千代田区で2019年5月10日、米田堅持撮影

 警察庁は21日、加齢に伴い運転に不安を感じる高齢ドライバーや家族らから、免許返納などに関する相談を受け付けるための全国統一の専用ダイヤルを開設すると発表した。番号は「#8080(はればれ)」で、22日午前10時から運用を始める。同庁は「加齢で身体機能が低下すると、運転操作ミスによる事故を起こす可能性が高くなる。不安を感じたら気軽に相談してほしい」と呼び掛けている。

 全国の都道府県警は、これまでも「運転適性相談窓口」を設け、高齢者や障害者らから相談を受けていた。しかし内閣府が2017年に実施した世論調査で、窓口の存在を知らない人が約7割に上ることが判明し、周知不足が課題となっていた。

この記事は有料記事です。

残り183文字(全文478文字)

あわせて読みたい

ニュース特集